ふと鏡を見た時、顎や口元、鼻の周りにニキビができて、しばらくしてなくなったと思ったら、数日後また同...

繰り返し大人ニキビには潤いの浸透がポイント


ふと鏡を見た時、顎や口元、鼻の周りにニキビができて、しばらくしてなくなったと思ったら、数日後また同じところにできている、といった経験をされている方は多いかと思います。
きちんとスキンケアしているのに、繰り返しできてしまう大人ニキビ・・・もしかしたら正しいスキンケアで対処できていない可能性があります。
繰り返す大人ニキビには、それに特化したスキンケアが必要になります。

そもそも繰り返し大人ニキビができてしまう原因は何かご存知でしょうか?
若い頃にできていたいわゆる思春期ニキビは、毛穴に雑菌やアクネ菌を増殖させる皮脂等の余計な脂分が詰まることが原因でしたので、毛穴汚れさえ落とせば治っていたのかもしれません。
しかし、20代、30代でできる大人ニキビは、実は、肌の乾燥によってニキビが出来やすくなるのです。
肌は乾燥すると皮膚の角質層が硬くなってしまい、毛穴が開きにくい状態になります。通常肌が乾燥している場合、皮脂の分泌があまりされていないと思いがちですが、肌が乾燥している場合でも皮脂を分泌する能力があります。
乾燥して硬くなってしまった角質層のため、毛穴が開きにくい状態で皮脂の分泌が起きれば、皮脂が毛穴に詰まってしまい、結果的にニキビが出来てしまうのです。
つまり、繰り返す大人ニキビは、洗顔をしっかりして毛穴に詰まった皮脂汚れを落とすだけでは、ニキビは改善されないのです。
肌に潤いを浸透させ、角質に水分をたっぷり補給し、肌の乾燥を防ぐことが、繰り返し大人ニキビを防ぐためには重要なのです。
また、肌の潤いを逃がさないように肌のバリア機能をサポートするスキンケアをすることも、繰り返し大人ニキビを防ぐために重要となります。
繰り返す大人ニキビを防ぐために重要なポイントは以下となります。
肌の乾燥が原因となって生じる繰り返し大人ニキビ スキンケアのポイント!
洗顔で毛穴が詰まっている原因である古い角質、皮脂汚れをやさしく取り除くこと
肌が乾燥しニキビのできやすい状態になっている毛穴に、たっぷりの潤いを浸透させること
肌の潤いを逃がさないように肌のバリア機能をサポートし肌を守ること